広々としたリビングと階段

PICK UP CONTENTS

  • リフォームしたい場所について

    賃貸ではなく持ち家の人は、ずっと住んでいるとリフォームしたい部分が出てくるものです。マンションなどの賃貸は、大家さんが修理費を出してくれるところもありますが、持ち家だと自分で…

  • 意外なリフォーム注意点

    新築の住宅販売は、現在も非常に人気が高いです。注文住宅、建売住宅関係無く需要はあります。しかし、中古住宅や持ち家はリフォームで見違える様にキレイにする事は可能です。大…

  • 使用頻度の高いトイレをリフォーム

    ほぼ毎日欠かさず使っているトイレは、傷みやすい水周りの中でもとくに劣化の早いところです。急に使えなくなってしまっては大変ですから、気になる不具合が出てきた段階で早めの対策を打…

  • 私のわがままリフォーム

    せっかく建てた家なのにシンプルに設計し過ぎてしまったせいで、可愛い家や風変わりな家や奇抜なデザインの家に興味を持つようになりました。ナチュラル雑誌のお洒落なコーナー造りに憧れ…

固定観念を覆して自分らしい生活を

観葉植物と棚

リフォームには色々な形があります。今流行りのリノベーションで住まいをガラリと変えることから、プチリフォームまで。私の住まいは親戚から紹介して貰ったリフォーム会社ウッドアートスタジオで店舗をリフォームして自宅にしました。一階が店舗、二階に別宅の住居がありましたが、リフォームで内階段を取り付けて、大きな住まいにリフォームしました。
店舗部分はとても広いので、普段は子供達が駆け回り、夜は旦那様の仕事のミーティング、宴会などに使用しています。小さなキッチン、トイレ付きで、二階に上がってくるこなく、私も旦那様も気にすることなく、お客様も遠慮がちにならずに楽しく過ごせています。子供達が大きくなれば、一階はあまり使用することがなくなるので、その時には、塾や託児所を経営するつもりです。
キッチン、トイレ完備で色々なことが実現可能です。あまりお金をかけたくない部分には、今ある家具に板を取り付けるなどのプチリフォームをしています。すのこ素材の棚に背板を取り付けて、飾り棚として使用しています。
フックを取り付けて、ランプを吊るし、温かい雰囲気を作りました。ランプは空き瓶に穴をあけて、ソケットを取り付けるとすぐに作れます。カラーボックスを脚代わりにテーブルを作ると大収納でオシャレに仕上がります。

リフォームとリノベーションの違いは

リフォームとリノベーションでは似たようなイメージがありますが違いがあります。リフォームでは壁紙の張り替えと言った小さな工事から、住宅設備の交換、増改築と言った大きな工事まで幅が広いですが、古くなり傷んだ部分の現状を回復すると言った特徴があります。
それに対しリノベーションでは残せる部分は残しながら、住宅設備などを一新し建物の性能や付加価値を高めると言った特徴があります。デザインや間取りを好みに応じて変えると言った事もリノベーションに含まれます。そのため同条件の建物ならリフォーム物件よりリノベーション物件のほうが資産価値が高くなります。
最近では中古一戸建てや中古マンションを購入し、リノベーションを行うと言う方が増えています。新築するより3割ほど価格が安くなると言うのが魅力です。スケルトンリノベーションでは建物を骨組みまで解体するため、その後の自由度が高いです。
その代わりに大がかりな工事となるため費用が掛かります。工事個所やこだわりたい部分にもよりますが、リフォームでは一戸建てで400万円から500万円、マンションでは300万円から400万円ほどの費用が掛かるのに対し、リノベーションでは一戸建てで1000万円から1500万円、マンションでは500万円から1000万円ほどの費用が掛かります。

外壁リフォームで使用される塗料は

建物の外壁塗装を見た時、ひび割れや剥がれ落ちが見られたら塗り替えのタイミングです。外壁リフォーム会社に塗り替えを依頼する事ができますが、使用している塗料にはいろいろな種類がありそれぞれ特徴が異なります。
いろいろな塗料の中から外壁リフォームする建物や目的、予算に合わせて選ぶ事が必要です。主な塗料にはアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素とあります。このうちアクリルは一番価格が安価、耐用年数は5年から8年くらいあります。耐用年数が短いため塗り替えのタイミングが早く来ます。
とにかく費用を抑えたいと言う時、小まめに塗りかえして新しい外観を維持したいと言う時以外はあまり使われないです。ウレタンはアクリルより価格が高めであるものの、耐用年数7年から10年と長めで価格と耐久年数のバランスが取れています。アパートや集合団地、工場などに良く塗装されています。
シリコンはウレタンより価格が高めですが、耐用年数7年から12年と長いために一般の住宅にも良く塗装されています。フッ素は一番価格が高めですが耐用年数15年以上もあります。一般の住宅には少し価格が高いため、高層階のビルなど塗り替えするのが大変な建物の塗装に良く用いられています。また外壁リフォームする際、断熱や遮熱、遮音、空気質改善、防露などいろいろな機能を持つ機能性塗料や、太陽光や雨の力で汚れを落とす光触媒塗料などいろいろなタイプがあります。

リフォームしたい場所について

賃貸ではなく持ち家の人は、ずっと住んでいるとリフォームしたい部分が出てくるものです。マンションなどの賃貸は、大家さんが修理費を出してくれるところもありますが、持ち家だと自分でリフォーム資金を出さないといけません。リフォームで人気の箇所は、やはり水回りではないかと思います。洗面やトイレ、お風呂ですね。またキッチンの流しやガステーブルも気になる方は多いはずです。水回りが綺麗だと、かなり住みやすく快適になるものです。そして来客時にも水回りが綺麗だと良いですね。大幅なリフォームが無理でも、シャワーのヘッド部分や、トイレのウォシュレットなどなら、自分…

Copyright © 2016 数年に1度のリフォームで、家の快適さと安全性を保つ All Rights Reserved.